2017年 10月 25日 ( 1 )


2017年 10月 25日

Monochrome NO.1463




f0245511_16444146.jpg

f0245511_16453154.jpg

Leica M Monochrom SUMMILUX-M 35mm F1.4 Efex Pro 2,FilmPack 5
(Click to enlarge)



写真撮影の理想と建前は
撮影の時によく構図を考えファインダーをのぞいて撮影、撮る前に十分被写体をチェックして撮影、それが建前だろう
だけど、写真は人それぞれの感性で最終的にその人なりのアウトプットしたものを作品と楽しめればいいものだ
だから、撮影の後のトリミングは邪道だなんて考える必要はない
極論を言えばデジタルカメラでのズームレンズによる撮影はカメラ内でトリミング撮影してるのと同じだ
デジタル全盛の時代、撮影した瞬間から現場とは違うもの
明るさ調節自体が立派なレタッチだし、いまでは当たり前のRAW撮影なんて完全な後から補正の邪道だ
フィルムに関しても露光時間の調節をして現像する事自体がレタッチだし、暗室作業中にトリミングも行う事もある
つまりオリジナルなんて、存在しないのである、というか自分の感性で写真を完成させたらいいだけの話だ
肉眼のままの写真はあり得ないのである

今時のデジタルはかなり高画質になってきてる
だからあまり構図にとらわれすぎた撮り方をしなくてもいいのかも
2枚目の写真から切り出して明るさ調節したものが1枚目である

一番大切なのは、後で自分が撮影した写真を見て
どのように撮れたら自分は満足できたのかと考える事だろう



失敗を恐れずどんどん撮りましょう!!





by voyagers-x | 2017-10-25 07:00 | Leica M Monochrom